菅原 研究室
神奈川大学 理学部 化学科
[湘南ひらつかキャンパス 2号館 2-235(菅原居室), 2-211(実験室)]

■■研究内容■■
全体説明
動画ギャラリー
繰り返し自己生産できるベシクル型人工細胞
自ら増殖する人工細胞

■■メンバー■■
mail[+kanagawa-u.ac.jp]
特任教授菅原 正sugawara-t@
特任准教授鈴木 健太郎suzuken@
特別メンバー松尾 宗征
中山 直之
修士1年櫻井 詞
中川 優香
4年生井口 昌幸
石井 偉蕗
鍵山 亮
成田 也磨刀
西山 仁騎
平田 結子
三浦 琴恵
3年生佐々木 光一
武田 承子
戸塚 黎
林 智也
村山 栄貴
卒業生リンク


■■News■■
2017-5The Origin of Life -Synergy among the RNA, Protein, and Lipid Worlds- が無事終了しました。
2017-22016年度 卒論発表が無事終了しました。
2017-1両極性誘起分子を用いたFETに関する論文が、Chem. Phys. Lett.誌に掲載されました
2016-5走光性を示す油滴に関する論文が、ChemPhysChem誌に掲載されました
2016-3菅原のインタビュー動画が、サイエンスチャンネル(JST)に掲載されました
2016-2当研究室の人工細胞に関する研究が、C&EN(アメリカ化学会会)の特集記事
"With protocells, scientists probe the chemistry that started biology (C. H. Arnaud著)"内で、
分野を代表する研究成果として紹介されました
2015-9繰り返し自己生産する人工細胞に関する論文がNature Commun.誌に掲載されました
2014-4当研究室の論文がNature Chem.誌編集者が選ぶ論文6報のひとつに選ばれました
2013-5投稿した論文(Chem. Commun. 49, 9386-9388 (2013))の内容が、掲載誌の背表紙に採用されました
2013-3第24回神奈川大学平塚シンポジウムが開催されました
2012-9菅原に第3回 分子科学会賞が授与されました


■■学会参加(予定も含む)■■
(2017-05-29 / 30)The Origin of Life -Synergy among the RNA, Protein, and Lipid Worlds- (東京)菅原


■■List of Publications■■
過去の論文はこちら

    [2017年]

  1. Photo-triggered Recognition between Host and Guest Compounds in a Giant Vesicle Encapsulating Photo-Pierceable Vesicles
    K. Suzuki, K. Machida, K. Yamaguchi T. Sugawara
    Chem. Phys. Lipids, in press.
    DOI:10.1016/j.chemphyslip.2017.11.008
  2. Anomalopus Raman peaks of intra-molecular hydrogen bond material 5-bromo-9-hydroxyphenalenone under various pressure and temperature conditions
    Y. Mita, T. Shibata, M. Kobayashi, T. Mochida, T. Sugawara
    Ferroelectrics 512, 29-35 (2017).
    DOI:10.1080/00150193.2017.1355150
  3. マクロレベルの変化を示す柔らかい分子集合体
    鈴木健太郎
    Sci. J. Kanagawa Univ. 28, 293-298 (2017)
  4. 学際的研究テーマを「化学概論」(教職課程の教材に関する科目)の内容に活かす
    菅原正
    Sci. J. Kanagawa Univ. 28, 289-292 (2017)
  5. Cycle of Charge Carrier States with Formation and Extinction of a Floating Gate in an Ambipolar Tetracyanoquaterthienoquinoid-Based Field-Effect Transistor
    Takuro Itoh, Taro Toyota, Hiroyuki Higuchi, Michio M. Matsushita, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Chem. Phys. Lett. 671, 71-77 (2017).
    DOI:10.1016/j.cplett.2017.01.018
  6. [2016年]

  7. ディビジョン・トピック(有機結晶):光に向って自ら駆動する油滴
    鈴木健太郎
    化学と工業 69, 1054 (2016).
  8. Phototaxis of Oil Droplets Comprising a Caged Fatty Acid Tightly Linked to Internal Convection
    Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    ChemPhysChem 17, 2300-2303 (2016).
    DOI:10.1002/cphc.201600273
  9. 走光性を示す自己駆動油滴
    鈴木健太郎, 菅原正
    豊田研究報告 69, 67-71 (2016).
  10. [2015年]

  11. A Recursive Vesicle-based Model Protocell with a Primitive Model Cell Cycle
    Kensuke Kurihara, Yusaku Okura, Muneyuki Matsuo, Taro Toyota, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Nature Commun. 6, 8352 (2015).
    DOI:10.1038/ncomms9352
  12. ワイヤー分子で連結された金ナノ粒子ネットワークの電子輸送
    菅原正, 松下未知雄, 鈴木健太郎
    豊田研究報告 68, 85-99 (2015).
  13. Structure and growth behavior of centimeter-sized helical oleate assemblies formed with assistance of medium-length carboxylic acids
    Yoshiyuki Kageyama, Tomonori Ikegami, Natsuko Hiramatsu, Sadamu Takeda and Tadashi Sugawara
    Soft Matter 11, 3550-3558 (2015).
    DOI:10.1039/C5SM00370A
  14. 人工細胞への構成的アプローチ
    菅原正
    パリティ 30(1) [2015年1月号], 64-66 (2015).
  15. [2014年]

  16. Magnetic Rotation of Monosodium Urate and Urinary Tract Stones for Clinical Treatment Applications
    Yuka Takeuchi, Yoko Sugawara, Tadashi Sugawara, Masakazu Iwasaka
    IEEE Trans. Magn. 50(11), 6101204(4 pages) (2014).
    DOI:10.1109/TMAG.2014.2322384
  17. Magnetic Manipulation of Nucleic Acid Base Microcrystals for DNA Sensing
    Yuri Mizukawa, Kentaro Suzuki, Shigefumi Yamamura, Yoko Sugawara, Tadashi Sugawara, Masakazu Iwasaka
    IEEE Trans. Magn. 50(11), 5001904(4 pages) (2014).
    DOI:10.1109/TMAG.2014.2328633
  18. スピン分極ドナーが拓く磁場応答型有機導電体
    菅原正, 鈴木健太郎
    CSJ カレントレビュー16 「スピン化学が拓く分子磁性の新展開: 設計から機能化まで (日本化学会 編)」, Part II, 3章, pp. 63-69 (化学同人, 2014).
    ISBN:978-4-7598-1376-0
  19. Basic Concept 1, 有機分子磁性の基礎
    菅原正, 鈴木健太郎
    CSJ カレントレビュー16 「スピン化学が拓く分子磁性の新展開: 設計から機能化まで (日本化学会 編)」, Part I, 2章, pp.13-23 (化学同人, 2014).
    ISBN:978-4-7598-1376-0
  20. 結晶設計でプロトンを動かす, 有機スピンを揃える
    菅原正
    日本の結晶学(II) ―その輝かしい発展― (日本結晶学会 編)」, 第4章, 3, pp.245-247 (日本結晶学会, 2014).
    ISBN:978-4-9903861-2-2
  21. 物質科学を変えた結晶学(6)有機分子結晶が拓くスピンエレクトロニクス
    菅原正
    現代化学 520 [2014年7月号], 44-45 (2014)
  22. 自らが増殖する人工細胞の化学構築
    菅原正, 鈴木健太郎
    高分子 63(6), 382-384 (2014)
  23. 分子システムとしてつくる人工細胞
    菅原正, 鈴木健太郎, 栗原顕輔, 豊田太郎
    豊田研究報告 67, 63-70 (2014)
  24. Chemical control of the monovalent-divalent electron-transfer phase transition in biferrocenium-TCNQ salts
    Tomoyuki Mochida, Yusuke Funasako, Kousuke Takazawa, Masashi Takahashi, Michio M. Matsushita, Tadashi Sugawara
    Chem. Commun. 50, 5473-5475 (2014).
    DOI:10.1039/C4CC01296H
  25. Spontaneous Transformation from Micelles to Vesicles Associated with Sequential Conversions of Comprising Amphiphiles within Assemblies
    Katsuto Takakura, Takahiro Yamamoto, Kensuke Kurihara, Taro Toyota, Kiyoshi Ohnuma, Tadashi Sugawara
    Chem. Commun. 50, 2190-2192 (2014).
    DOI:10.1039/C3CC47786J
  26. [2013年]

  27. Macroscopic Motion of Supramolecular Assemblies Actuated by Photoisomerization of Azobenzene Derivativess
    Yoshiyuki Kageyama, Naruho Tanigake, Yuta Kurokome, Sachiko Iwaki, Sadamu Takeda, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Chem. Commun. 49, 9386-9388 (2013).
    DOI:10.1039/C3CC43488E
  28. Biaxial Alignment Control of Guanine Crystals by Diamagnetic Orientation
    Masakazu Iwasaka, Yuito Miyashita, Yuri Mizukawa, Kentaro Suzuki, Taro Toyota, Tadashi Sugawara
    Appl. Phys. Express 6(3), 037002(4 pages) (2013).
    DOI:10.7567/APEX.6.037002.
  29. Constructive Approach Towards Protocells
    Tadashi Sugawara, Kensuke Kurihara, Kentaro Suzuki
    Engineering of Chemical Complexity, World Scientific Lecture Notes in Complex Systems (Eds. A.S. Mikhailov and G. Ertl)」Ch. 18, pp. 359-374 (World Scientific, 2013).
    ISBN:978-9814390453
  30. 化学の指針シリーズ「超分子の化学 (菅原正・木村榮一 編著)」
    (裳華房, 2013).
    ISBN:978-4-7853-3226-6
  31. 現代化学 (濱田嘉昭・菅原正 編著)」
    (放送大学教育振興会, 2013).
    ISBN:978-4-595-31445-2
  32. [2012年]

  33. pH-Induced Switchable Vesicular Aggregation of Zwitterionic Phospholipids and Anionic Phospholipids
    Kentaro Suzuki, Kensuke Kurihara, Yusaku Okura, Taro Toyota, Tadashi Sugawara
    Chem. Lett. 41(10) 1084-1086 (2012).
    DOI:10.1246/cl.2012.1084
  34. Adhesion and Fusion of Two Kinds of Phospholipid Hybrid Vesicles Controlled by Surface Charges of Vesicular Membranes
    Kentaro Suzuki, Ryo Aboshi, Kensuke Kurihara, Tadashi Sugawara
    Chem. Lett. 41(8), 789-791 (2012).
    DOI:10.1246/cl.2012.789
  35. Magnetism and Conductivity
    Tadashi Sugawara, Akira Miyazaki
    Handbook of Multifunctional Molecular Materials(Ed. L. Ouahab)」Ch. 1, pp. 1-60 (Pan Stanford Publishing, 2012).
    ISBN:978-9814364294
  36. 人工細胞(原始細胞モデル)の化学的構築
    庄田 耕一郎, 栗原 顕輔, 菅原 正
    生物の科学 遺伝 66(7), 365-373 (2012).
    ISBN:978-4-86469-095-9
  37. A Programmable Single-Component Diode Based on an Ambipolar OFET
    Tadashi Sugawara, Takuro Itoh, Kentaro Suzuki, Hiroyuki Higuchi, Michio M. Matsushita
    Pure Appl. Chem. 84(4), 979-989 (2012).
    DOI:10.1351/PAC-CON-11-10-14
  38. 人工細胞の夢ついに達成?!──生命の起源に迫る第一歩
    菅原 正, 栗原 顕輔, 鈴木 健太郎
    化学 67(2)[2012年2月号], 43-49 (2012)