化学科TOP > 教員紹介
ページの本文を印刷

鈴木 健太郎(すずき けんたろう)

 
職名 特任准教授・博士(理学)
担当科目 分析化学Ⅲ(機器分析)
化学研究法Ⅰ・Ⅱ
化学表現Ⅱ
理学基礎(化学)
基礎化学
物質化学
物質科学実験Ⅰ
サイエンスコミュニケーション
専門分野 有機物理化学
ソフトマター
分子磁性
ホームページ 菅原研究室
神大の研究室「菅原正」のページ
 

主要著書、論文

Phototaxis of Oil Droplets Comprising a Caged Fatty Acid Tightly Linked to Internal Convection, ChemPhysChem 17, 2300 (2016).
A Recursive Vesicle-based Model Protocell with a Primitive Model Cell Cycle, Nature Commun. 6, 8352 (2015).
Self-reproduction of Supramolecular Giant Vesicles Combined with the Amplification of Encapsulated DNA, Nature Chem. 3, 775 (2011).
Sparkling Morphological Changes and Spontaneous Movements of Self-assemblies in Water Induced by Chemical Reactions, Chem. Lett. 38, 1010 (2009) [Highlight Review].
Characteristic Curved Structure Derived from Collagen-containing Tubular Giant Vesicles under Static Magnetic Field, Chem. Phys. Lett. 440, 286 (2007).

略歴

総合研究大学院大学数物科学研究科 博士課程修了。岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 IMSフェロー、東京大学大学院総合文化研究科 研究拠点形成特任研究員、同 助教、出版社勤務、神奈川大学理学部外部資金雇用研究者等を経て現職。

研究テーマ

分子が自己集合し分子集合体になることで獲得する、元の分子には還元できない特徴的な外場応答について、ミクロからマクロに及ぶ階層縦断的な理解を目指す。

 
 
ページの先頭へ