化学科TOP > 教員紹介
ページの本文を印刷

辻 勇人(つじ はやと)

 
職名 教授・博士(工学)
担当科目 化学研究法Ⅰ・Ⅱ
化学国際交流Ⅱ
化学表現Ⅰ
基礎化学実験
総合理学研究Ⅰ・Ⅱ
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
分子構造決定法基礎
有機化学Ⅱ
有機化学Ⅱ【英語】
予備研究
輪講Ⅰ・Ⅱ
FYS
専門分野 有機合成化学、有機金属化学、典型元素科学、物理有機化学
ホームページ 辻研究室
「神大の先生」辻勇人のページ
「神大の研究室」 辻 勇人 研究室
 

主要著書、論文

1) Synthetic Strategy for Multisubstituted Fused Furan Compounds using Main Group Metal Reagents (Invited Account), H. Tsuji, L. Ilies, E. Nakamura, Synlett 2014, 25, 2099.
2) Carbon-Bridged Oligo(phenylenevinylene)s: Stable π-Systems with High Responsiveness to Doping and Excitation, X. Zhu, H. Tsuji, J. T. López Navarrete, J. Casado, E. Nakamura, J. Am. Chem. Soc. 2012 134, 19254.
3) Electron Transfer through Rigid Organic Molecular Wires Enhanced by Electronic and Electron-vibration Coupling, J. Sukegawa, C. Schubert, X. Zhu, H. Tsuji, D. M. Guldi, E. Nakamura, Nature Chem. 2014, 6, 899.
4) Carbon-bridged Oligo(p-phenylenevinylene) for Photostable and Broadly Tunable, Solution-Processable Thin Film Organic Lasers, M. Morales-Vidal, P. G. Boj, J. M. Villalvilla, J. A. Quintana, Q. Yan, N.-T. Lin, X. Zhu, N. Ruangsupapichat, J. Casado, H. Tsuji, E. Nakamura, M. A. Díaz-García, Nature Commun. 2015, 6, 8458.

略歴

京都大学理学部卒業、同大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻博士課程修了、京都大学化学研究所助手、東京大学大学院理学系研究科化学専攻准教授を経て現在に至る

研究テーマ

新しい有機合成反応の開発、軽元素から成る機能性有機分子の創製、分子構造の制御による機能性発現

研究内容について

化学反応は物質を創り出す原点です.当研究室では,金属を利用した新しい有機合成反応の開発と,新反応を利用した機能性有機分子の創製を2本の柱としています.

 
 
ページの先頭へ